スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ

ここ最近、インフルエンザが流行ってきていますね。
皆さまは大丈夫でしょうか。

息子の学校では、学級閉鎖になるのも時間の問題というクラスもちらほら。
そんな中、息子はしっかり貰ってきました。
クラスの中でトップバッターでインフルエンザに感染!

去年はクラスで2番目に感染しています。
そんなにウイルスに好かれなくても・・・と思いますが・・・

その二日ほど前から鼻水、咳の症状が現れ、微熱も出てきたのですが、
クラスにインフルエンザはまだいないということだったので、
風邪かなと思っていたら、翌朝、高熱に。

息子が「剣道部で3人目だ~」って・・・
なんでそれを先に言わない!?
家族も身を守る必要があるのにね。


昔から病院とはなにかと縁がある息子。
病院へは息子と一緒に行くことが多いのですが、私は待合室で待っていて
息子ひとりで診察室に入っていきます。

以前、一緒に診察室に入っていた時、お医者さんに病状を聞かれても、
自分で答えようとしなかった息子。
促したりもしましたが、最終的には私が答えてしまっていました。
答えてくれる人がいるなら答えなくたって平気ですものね。
自立心が育っていない部分がありました。

それが気になっていたので、小学校5~6年くらいからは、ひとりで
診察室に入ってもらうようにしました。
息子の返事があいまいだと看護婦さんが私に確認をとりにきますしね。
ひとりで何も問題などありません。


でも、今回は久しぶりに一緒に診察室に入ってみました。
息子も朦朧としていましたしね。

先生から病状を聞かれた息子、はっきりと答えていたし
最後に「ありがとうございました!」と体育会系風にきっちりとご挨拶。

「お~爽やか~」とちょっと感動してしまった私です。

実は1学期にも同じ病院に診てもらっているのですが、
病院の受付で働いている私の友達に
「○っくん、先生に聞かれてもあまり返事していなかったよ」
なんて言われたのです。

今回のような姿は想像していなかっただけに驚きも大きい。
結果的に私が入る必要はまったくなかったわけですが、
息子のそんな姿をみれて、ちょっと得した気分になりました。
これは部活効果でしょうね。


あと、息子が微熱の段階で「明日はとりあえず学校に行くぞ」と言ったこと。
「熱が下がったら次の日、学校行けるの?」と聞いてきたこと。
(インフルエンザ3回目にしてこの言葉はどうかと思いますが・・・汗)

不登校を経験すると、こういう言葉は逃しません(笑)
嬉しい言葉です。

あと、お休みした日に息子のお友達6人が下校途中に寄ってくれ
「○っくん、大丈夫ですか?」って心配してくれました。

それもまた嬉しく・・・

大変な時にも何か嬉しいことは必ずあるようです。


熱が下がり48時間経過すれば登校できるとのこと。
昨日からお休みしていますが、今朝にはもう平熱になっています。

月曜日からは元気に登校できそうです。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。