スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お休み通信

私が保存しているものに『お休み通信』があります。

これは学校をお休みした子に、その日の授業内容、翌日の予定、連絡事項等を伝えるものです。
お友達のメッセージも添えられています。
同じ生活班の子が記入し、近所の子が届けてくれます。

息子が不登校になった当初、毎日、お友達が、この『お休み通信』を届けてくれました。
息子も何も言わず目を通します。
担任の先生からの電話を拒否した息子にとって、学校とつながりがもてる唯一の証でもありました。

ただ、一向に学校へ向かえない息子。
翌日の予定、連絡事項・・・空しい響きに思えてきます。
学校に行くあてのない息子に、何を思ってお友達は書いてくれるのか・・・

同じ生活班の男の子2人は逃げて書かず、女の子がそれに文句を言っているとか・・・
『お休み通信』を書いていたら、部活の練習に少し遅れたとか・・・
そんなことも私の耳に入ってきます。

近所とはいえ、毎日届けてくれるお友達の負担も大きかったと思います。
私は、毎日『お休み通信』を届けてくれるお友達に、
息子の様子も伝えられず、学校の様子も聞けず、
ただ、「ありがとう」と言って受け取るのが精一杯でした。

そして、『お休み通信』は中止していだだくようにお願いしました。
すでに2カ月が経過していました。

息子の胸中を推し量り、なかなか踏ん切りがつきませんでしたが、
これ以上、届けてもらうのは私にとっても辛いことでした。

それに、お友達が負担を抱えることで、息子への不満に結びついてしまうのでは
という心配もありました。

担任の先生も『お休み通信』をこのまま続けていっていいのか悩まれていたとのこと。
ただ、息子の気持ちを考え、先生の方からその話をできなかったようです。

今後は通信ではなく、何かあったら先生から直接連絡をもらうようにしたと息子に伝えました。
息子はただ静かに「わかった」とだけ返事をしました。
そう返事をするしかなかったのでしょう。


その後、エンカレッジで復学支援を受け、約3カ月後の復学に向けて動き出したことを学校に報告すると、教頭先生から給食費のお話がありました。
「復学まで給食をストップしますか?」と。
給食はストップをかければ給食費を払わなくてもいいのだとか。

そんなことなど全然頭になかった私でしたが、そうお願いしました。
これも、復学の時期をこちらから伝えたからこそ学校側が切り出せたことですね。


不登校の子どもの心は複雑です。
そして親の心も・・・

どう触れていいのか分からない私達に、いったいどれほどの方が心配し、
心を寄せてくれたことか・・・

いろんな配慮が時にはストレスと感じてしまうことも事実です。

『お休み通信』は届けてもらうことで、学校とのつながりを感じることもできるでしょう。
しかし、一方では、行けない辛い気持ちを高めてしまうのかもしれません。

息子は当時、どのように感じていたのでしょうか・・・


でも、今は復学しています。
息子に対して心を尽くしてくださった全ての方に感謝しています。


『お休み通信』は毎日届けてくれたお友達への感謝の気持ちを忘れないように、
大切にしまっておきたいと思います。



DSCF1107.jpg
これは一部です。たくさん書いてくれました。
みんな、ありがとね



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。