スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝ひとりで起きれる?

三元日明けてすぐに、母が緊急入院しました。
1泊で退院しましたので、そちらはご心配なく。

母が入院した日に私は病院側の要望もあり、夜も付き添うことになりました。
息子はひとりでも大丈夫ですし、私の泊りについては問題はないのですが、
翌日、剣道部の新年初の練習日になっていました。
練習開始は朝9時。

心配なのは、息子が翌朝ひとりで起きれるかということ。
主人は、5時半には家を出てしまいます。

ここ最近、私が起こすのは当たり前になっていました。
目覚ましの音には、ピクリともしない。
母親が起こしてくれるという安心感でしょうね(汗)

初めて、息子自身で起きる必要がでてきたということです。
主人が起きる時に起こしてもらうという選択もあると思いますが、
主人に依頼してはこなかったそうです。
私にも何も言ってきません。
まあ、目覚ましで起きない人がモーニングコールで起きれるかって話ですが・・・

さて、当日の朝・・・
一応、8時半に電話を入れてみました。

すると、すぐ出たきた息子。
起きていたようです。
お~やった~!!って心で叫んだ私ですが・・・

「体調悪いから今日、部活休む」・・・という言葉が返ってきた。

また頭痛らしい。
6時に起きて、7時に起きて、7時半に起きて・・・二度寝、三度寝していたそうですが、
顧問の先生に電話を入れなければならないので、どうにか繋いでいたようです。

まあ、でも、ひとりなら起きれるってことですね。
それならいいです。
安心しました。


自立を促すには「まずは朝ひとりで起きることから・・・」なんて書いてある本もあります。
それはもっともだなあと思います。

朝、起こさないで、遅刻するようなことがあれば、その失敗に懲りて次からは自分で起きるようになるでしょう。失敗させて自立心を促しましょうということですね。

ただ、今の息子には、そのやり方は通用しないでしょうね。
小学生の低学年の時だったら、もしかしたら有効だったかもしれませんが、宿題、提出物も出さなくても平気なほどに図太くなってしまった今では、もう時期が遅すぎるようです。

間に合う時間に出れなかったら、遅刻して行くのではなく、休むことを選択するでしょう。
休んでしまったのだから、次は自分で起きようとするかどうかも疑問です。
自主休業を繰り返しても、なかなか自分の生活態度を省みることができない息子です。


不登校を経験した息子。
今の時点では、なるべく休まないように継続登校を続けることが第一だと思っています。
遅刻しないでまずは学校へ向かうという行動をとるのが大前提です。
そこを失敗させるのは息子にはリスキーですね。

朝は起きれなかったら親が起こす。
私はひとりで起きないことにあまり拘らずに、そう割り切っています。

もちろん、親が起こすのは当然だと思われても困るので
「お母さんは朝忙しいし、何度も起こすのは大変」・・・などと言ったりして、
これは本来はあなたの問題なんですよということは、感じさせるように意識しています。

息子の場合は、甘え半分でしょうね。
起きれたとしても起こしてほしい?そんな気が・・・

でも、いざとなったらひとりで起きれるのでしたら、
少しの甘えは受け入れてあげてもいいのかなと思います。

まあ、あとは「どうしてひとりで起きない!?」などとイライラしていると
自分自身に余裕がなくなり笑顔もなくなってくるので、多少大目にみてあげ、
私自身も気にしないことで、少し心に余裕を持ちたいな・・・というのもあるのですけどね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。