スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒められれば嬉しいよね・・・ミシンサポーター話

私のミシンサポーター話、第2弾です。

(第1弾はこちら→ミシンサポーターを通じて感じたこと

息子の希望により息子のクラスのサポーターは避けた私ですが、
誰もサポーターがいないということで一度入りました。

その後も息子のクラスはサポーター不足のようで、また入ることに。
私が入ることに息子は何の問題もないとのこと・・・よかった、よかった。


最初にサポーターとして入った時に、先生に何度も叱られているH君がいました。
「なぜ歩いている?」「なぜやらない?」「聞いていた?」・・・というような感じ。
最後はH君だけ作品を提出せず、教室から逃げるように去っていってしまいました。

不真面目というよりも、何をしていいのかわからなくてフラフラしている感じも・・・

私の視線はどうしてもH君の方へ・・・

H君がミシンの前に座ったので横に行ってみました。
生地とニラメッコするばかりで手が動かない様子。

それで、ひとつひとつの手順を教えながら進んでいくとまもなく完成。
巾着なので、すぐ縫い終わってしまいます。

その日の授業では、縫い終わった子、途中の子、印つけで終わった子、
いろいろでしたが、先生が最後に、H君の巾着を皆に見せながら、
その日の復習と次回の作業の説明をしました。

自分の布が見本として使われ、まんざらでもない様子のH君。
ちょっと自慢げでどこか嬉しそう。

「H君は先生の話聞いてないけれど、やる事はわかっているんだよね」
なんて嫌味も言われてましたけどね。


授業が終わり、生徒たちが被服室から出ていきましたが、H君ともうひとりの子が
残っています。

H君、自慢?の巾着を離さず(皆はとっくに裁縫セットの中にしまっていた)
右手でグルグル回したり、手の上でポンポン上げたり、しきりに触っています。
中表になっていた生地をひっくり返して「俺、ここまでやりたかったんだよね~」
なんて先生に言ったり・・・

その様子がおかしくて、かわいくて・・・

子どもって少しでも注目されたり、褒められたり、
そのちょっとのことが、嬉しいんだな。
それだけでいいんだな。


そんなことを思って、帰ってきた私です。

ちょっとミシンサポーター楽しくなってきたかも・・・



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。