スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣くほどのこと?

「お母さん、綿の道着、買って」と息子が言ってきました。

剣道部に入部した時に、夏用のメッシュ素材のものを1枚購入しましたが、
とりあえずはそれですんでいました。
定番の綿素材のものは秋口にでも買えばいい。
半年間で身長も伸びるだろうし・・・とのことで。 

季節はすでに冬・・・秋は通り過ぎました(汗)

顧問の先生から、「そろそろ買いなさい」と言われたそうな・・・
息子に聞くと、ほとんど皆、綿の道着を着ているのだとか。
(早く言っておくれ~)

学校に出入りしている道着屋さんがいて、1カ月に1回くらい来て
いるそうなのですが、ついこの間来たばかりとのこと。
次を待つと間が開くので、電話注文することにしました。

私が電話している時に息子が横で・・・

「取りに行きます。取りに行きます」と小声で連呼している。

どうやら、最後、学校に届けます的な話の流れになったのを察し、
私に「取りに行きます」と言ってほしいのアピール。

電話が終わり、学校に届けてくれることになったと知ると
「だめ。お母さん、取りに行って。学校は絶対だめ」

そんな~そのお店、車で40分。電車なら2本乗り継がないと行けません
届けてくれるというのに、取りに行くなんてことあり得んでしょ??

私がそう言うと、泣きだした。

品物が学校に届くと、親に注文してもらったことがばれる。
どうしてこの間、道着屋さんが来た時に頼まなかったんだって先生に怒られると言う。

??そんなことで怒られるかな??

高い物だから、子どもだけの判断で買えるものではない。
家にかえってお母さんに買っていいかを聞くのが普通。

私がそう言っても、「先生はそういうタイプだから・・・」って言い張る。

「もし怒られたらお母さんが先生にちょっと電話してみるわ」

これ、言った瞬間にしまった!!と思ったのだけど、もう遅い。。。

息子「それだけはやめて~」と腕でしきりに涙をぬぐう。

自分のことを母親に依頼したことの、おとがめを心配しているのに、
そのことで母親がしゃしゃり出るなんで息子にとっては最大のピンチ!

最初からそこまでするつもりはなかったのですけれど・・・失言でした。

「それは一番、されたくないことだよね」と慌ててその言葉を引っ込めた私です(汗)


お店に取りに行って欲しいと息子はかなり頑張っていましたが、それは
聞き入れなかった私です。

「じゃあ、いいよ。俺が怒られればいいだけだから・・」

最後は諦めました。と、そこで終わりかと思ったら・・・

「じゃあ、俺が怒られたらどうする?○○買ってくれる?」

なんじゃ、それ!
もちろん、却下しましたけど・・・


2日後に、剣道着が学校に届いたようです。
先生、ただ「はい」って手渡してくれたそうな。

やっぱりね。これで、めでたし、めでたし。
もう、これで、お店に取りに行ってとは言わないでしょうね。


顧問の先生は、確かに、
「自分のことは自分でやる。やるべき事は、ちゃんとやる」
そのことは徹底していますし、厳しいです。


情けない息子ではありますが、よく付いていっていると思います。

息子を成長させてくれる先生には感謝ですね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。