スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりピアノが気になる?

息子がピアノをやめ、私が習うことになり・・・
そんな思わぬ展開から2か月。(過去記事→退院?しました!

私の方は1カ月に2回という無理のないコースを選択し、
体験を含め、3回ほどレッスンを受けました。

おとなのコースは、本人の希望で、基礎からでもいいし、
自分の好きなジャンルだけでもいいし、楽しみながら自由にすすめていくようです。

まずはおとな用のスタート教本にそって、いきなり『ノクターン』
もちろん簡単バージョンで、左手に変化をつけての3パターン。
ご親切に?音符にドレミが記してある。

滑り出しは絶好調!?

私、結構、先生に褒められちゃってます。

「ほんとに、ほんとに、初心者ですか?」
「初心者でここまで弾ける人は初めてです」な~んて。

それを主人に言ったら
「プッ!(吹き出す)あのね~最初は誰にでもそうやって言うものなの。
辞められたら困るだろ?それを本気にしちゃってさ~いや~本当にめでたいわ」とクスクス笑う。

私はいつも主人にめでたい人間だって言われています(汗)

いいんです。私は信じます。
だって、信じたほうが幸せなんだもん!


気を良くした私は、ピアノが楽しく練習を始めると30分くらいあっという間です。

それを見ている息子。
横に入ってきて、勝手に別な曲を弾いたり・・・
自分の好きな曲をダウンロードして
「お母さんに最終的にはこれ弾いてもらうから(偉そう)」と持ってきたり・・・
で、その曲を自分で練習してみたり・・・

なんだか、と~ってもピアノが(もしかして私?)気になるようです。

息子は自分がレッスンに通っていた時よりも、はるかにピアノに触っちゃってます。


毎日レッスンしている私ですが、2日続けて休んだ時にはすかさず・・・

「ほらな。毎日やるのは大変だろう?やろうと思ってもなかなかできないもんなんだよ。
俺の気持ちがわかっただろう?」

この間は本を置かないで弾いていたら・・・

「お母さん、何、暗譜やっちゃってんの?俺も、暗譜でやっていたんだけどさ。
ちゃんと本みながら弾くべきだったって後悔しているんだよ。
暗譜は発表会の時だけにしておきなよ。ちゃんと本置いて弾いたほうがいいよ」

なんてアドバイス?までしてくれる。

そんな息子の発言を逐一先生に報告し、2人で笑ったりするのも楽しみのひとつです。


息子は基礎からコツコツと積み上げていくのが苦手というか面倒なようです。
男の子にありがちだそうですが・・・
毎週向かう義務感で、ピアノが楽しく感じられなくなってしまったのでしょうね。

「ピアノは好きだと思います」と言われていた息子です。

これからは自分の好きな時に気ままに・・・弾いてくれればいいかなと思います。



私は今、2曲目の『エリーゼのために』を練習しています。

「ちっ!もう俺、越されたわ」と息子。

息子の5年間はあっけなく・・・

悔し紛れか・・「まあ、ボケ防止になるから頑張んなよ」と。


そんなありがたい?息子のエールももらったことだし、
ボケ防止もかねてマイペースで頑張りたいと思います。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
   ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。