スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症の母と息子・・・その後

同居している認知症の母・・・常に家の中をさまよっています。

リビングに来ては、そこにある物をどうにかしたい母。
当然、息子のものを触ります。

息子のものはいろいろ。
持ち出してきては放置するので、触られて当然です。

母はそれをどこかに移動させたり、自分の部屋にもっていってしまったり・・・
紙類などは破ってしまったことも・・・

以前は、嫌そうな表情を見せながらも、諦めていた息子。
しかし、このところ、ちょっと険悪なムードになることが増えていました。

触られるのが嫌なら自分の部屋に物を移動させればいいことですが、
どうも息子はそれができないようです。

「触らないで」という息子の言葉に、以前は文句を言いながらも、
その場から去って行った母でしたが、最近では、息子の言葉に反発して
罵声を浴びせます。(認知症の症状の悪化です)
息子は受け流すことができず、キレてしまうこともしばしば。

そんな一触即発の状態に不安を感じていました。

そういう態度はいけない。こういう態度で接してほしい・・・
そう言葉にして息子に伝える前に、まずは親が行動で示していけばいいこと。
でも、そう思おうとすると、辛くなってしまう私もいました。

私自身、感情をコントロールするのが精一杯でした。


そんなある日・・・

その日も、レゴの小箱に折れたお線香が何本も入っているのを見てキレた息子。
いきなりキレることはそうないのですが、その時は虫の居所が悪かった?

次の瞬間、母のいる和室に向かい、寝ている母の掛け布団をはぎ取った。

「止めなさい!」と一喝すると、今度は私に向かってくる。

「だったら金をくれ」
「どうして、お金?」
「そうしないと腹の虫が収まらない!」

今後は私のバッグに手を伸ばし、私の財布に手をかけようとする。
私と息子とでバッグの取りあいになる。

そんな息子に悲しくなり・・・
ここ最近の息子に対する想いも溢れ・・・

「・・・おばあちゃん、病気なんだよ。何もわからないんだよ。
わかろうとすることもできないの。おばあちゃんにこうしてほしいって
お願いしたって、おばあちゃんはできないの。おばあちゃん、かわいそう・・・」

涙が溢れてくる。

母は母で息子の態度に激怒して「こんな家、出て行く」と玄関で興奮している。

そんな母にも悲しくなり・・・

私は涙がとまらなくなりました。

息子の前で泣いたのは2年ぶり。
不登校の時以来・・・

不登校の時もそうでしたが、親の涙をみると、息子は怒りを強めるようです。
自分が責められているように感じるのでしょうか・・・

引き下がるもんかと、いろいろ言ってきます。

どうにかお金は諦めました。しかし・・・

「じゃあ、お金のかわりに今日のおやつをただにして」
(スナック菓子類は1日100円分だけ食べていいことになっています)

「・・・じゃあ、いいよ」
××× お金を諦めたことで気が緩み、まったく訳分からない返事をしてしまう)

「でも、お菓子が欲しい時に、また同じようなことするのは許されないからね」
× これを言うなら最初からダメって言えばいいこと)

「・・・やっぱりいい。お菓子が食べたいわけじゃない」(結果オーライ?)

「じゃあ、この怒りをおさめるにはどうしたらいい?お母さん、考えて」

「お母さんが考えるの?」

「・・・」

「自分の物、触られたら嫌だよね。○○(息子)の気持ちはわかるよ。
お母さんだって嫌だもの。お母さんだっておばあちゃんに腹が立つことあるよね。
だから、○○に偉そうなことを言う資格なんかないの。それはわかっている。
でもさ。おばあちゃんはもう家族しか頼る人いないんだよ。○○にあんなことされて
おばあちゃん、悲しんでいるよ。おばちゃんにもっと優しくしてあげてほしい・・・」

またまた泣けてくる。


息子は何も言わず、そのまま台所に寝そべり、しばらく伏せていました。

私は、その横にしゃがみ込み、涙と鼻水まみれ。

15分くらい2人ともそのまま動かず・・・そして沈黙。


そして、息子が立ちあがる。

「もう寝るわ。明日○時に家をでるから」と自分の部屋に入っていきました。
口調は穏やかになり、いつもの息子に戻ったようでした。


翌日の夜・・・

「お母さん、やっぱり俺、おばあちゃんのことどうすることもできない。
おばあちゃんのことは、お母さんに任せるよ」と、息子から言ってきました。

どうすることもできない・・・

息子なりにどうしたらいいだろう・・・と考えていたのでしょう。

「いいよ」って私は言いました。



それから10日以上経ちました。

母は相変わらずですが、それ以来、息子がキレることはなくなりました。


あの時、私はただ自分の感情を押しつけただけだったような気もします。

でも、少しは響いてくれたのかな・・・





過去記事→認知症の母と息子

母の介護日記→おばあちゃん、どこ行くの?



ランキングに参加しています。
ワンクリックしていただけると嬉しいです
   ↓


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。