スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休んだらおかゆ? 復学支援機関の対応とは・・・

息子は、頭痛などを訴え、学校をお休みしてしまった日、
症状が治まったら、テレビを観たり、ゲームをしたり、マンガを読んだり・・・
自分の好きなことをして過ごしていました。
好きな時間におやつも食べていました。

そうすること自体は悪いことではないと思います。
でも、皆が学校へ行っている時間にそれをやってよかったでしょうか。

家にいて楽なのであれば、嫌なことがあっても頑張って学校に行こう!
という気持ちになれないかもしれません。

その事は、エンカレッジの初回カウンセリングの時に上野先生にご指摘を受けました。

「確かにその通りだ」・・・と思いました。



子どもが学校に行けないぐらいの体調不良を訴えてお休みしたのだから、
例え、症状が治まったとしても、翌日の登校に影響がでないように、
ちゃんと寝て静養するべきだし、食事も、体に負担のない消化のいいおかゆ等を与えて
病気の回復に努めるのが本当ですよね。

「休んだらおかゆ」・・・というのは、そう対応することを意味します。
支援を受けている方の共通認識だと思います。


ただ、残念なことに、「休んだらおかゆ」という言葉だけがひとり歩きしてしまい、
支援とは別の場所で、ちょっと違うニュアンスで捉えられているなと感じたことがあります。

「休んだらおかゆしか与えない」

お休みしてしまったので罰を与えている?
冷たくして、無理矢理学校に行かせようとしている?
・・・そう思われたのでしょうか。




「おかゆ対応」に関して、上野先生からお聞きしたことです。

+ + + + + +

子どもが学校を休むときは理由を言います。
頭が痛い、お腹が痛いなどです。
子どもがお腹が痛いと言って休んだ時には、おかゆを出します。
頭が痛いと言ったときには、風邪の症状を考えますので、
おかゆや消化のいいうどんなどを出します。
これはどこの家庭でも行っていることではないでしょうか。

子ども達がお腹が痛いと言っているのに、
「何か学校であったの?」
「何か学校で嫌なことがあったら無理に行く必要はないんだよ」
とは言いません。

私は「学校には行くもの」と捉えていますし、
子どもも「学校へは行くもの」との認識を持っているので、
お腹が痛いと言われればそれを信じて体調不良の対応をします。

もしかしたら学校に嫌なことがあるのかもしれません。
でも子どもがお腹が痛いと言えばそれを信じます。
疑って本当に辛かったのに「何かあったの?」「無理しなくていいんだよ?」
と言って子どもに「なんで信じてくれないんだ!」と言われる方が辛いからです。

実際に頭が痛いと言ってきた子どもに「熱はないね~」と信じてやれず、
学校から帰ってきてから熱が出て、そのせいか3日間も熱が続いたことがあります。
そのときに信じてあげればよかったと後悔したことを覚えています。

だまされてもだまされても信じてあげるのが親なのかなと今は思っています。
親って辛いな~と思う事もありますが、本当なのに疑って信頼を失う辛さに
比べたら騙される方がよっぽどいいと今は感じています。

ですから、体調不良を訴えてきたら少し本当かな?と思うときもありますが
今は信じておかゆやうどんを出しています。
もし元気だったとしたら、子どももおかゆはおいしくないでしょうしね。

ただ、この「おかゆ対応」は支援を受けて復学後の方とか、休み始めの方は
いいと思いますが、長期不登校の方で本当に心理的負荷がかかりすぎて
体調不良を訴える子に長期的に体調不良の対応をすると逆効果になる可能性が
あるので、注意が必要です。

もし、体調不良を休むいいわけにしている場合は、おかゆ対応をすると
体調不良のいいわけをしなくなります。
心配事がある場合は、何も言わずに休むようになります。
そうなったときには、「何かあったの?」と聞いてあげるといいと思います。
体調不良以外で休む時は何かあるとの判断ができますからね。
そこからは、子どもの不安要素に対してのアプローチになるので、いろいろです。


+ + + + + +



息子がお休みする時は、ほとんど頭痛なので、食事をおかゆにするわけではないのですが、なるべく消化のよい質素なものにするように心がけています。

お休みしたらその日は、テレビ、ゲーム、パソコンを禁止という対応になっています。
翌日も頭痛が出ないように、頭を休める必要がありますしね。

その辺は各家庭で臨機応変な対応を考えればいいのかなと思います。

休んだからといって「見せしめ」のようにおかゆを出してしまっては、親子の信頼関係にも
響きますし、子どもに反発心が生まれてしまうかもしれません。


あくまでも、子どもを信じて・・・「休んだらおかゆ」対応ですね。





ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。