スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子が休み始めた頃・・・

ちょうど2年前の今日から、息子は完全不登校になりました。

1学期は五月雨状態でした。
9月に入り、行ったり、行かなかったり・・・

そして「もう学校へは行かない」と宣言しました。

すでに暴力が出ていて、かなり荒れていた息子。
もう行くのは無理だろうなと思いました。
少し心の傷を癒してあげなければ・・・

「お休みしていいよ」と私は言ってしまいました



学校をポロポロとお休みしだしたのは、小学校2年生の後半でした。
ちょうど習いごとを始めた頃です。
多分、疲れが出ていたと思います。

最初にお休みする時は、勇気がいるものです。
しかし、1日お休みし、また次にお休みし・・・
回を重ねてしまうと、お休みすることに抵抗がなくなっていきます。

疲れたらお休みすればいい・・・

そう簡単に思うようになってしまったような気がします。


息子は疲れるとすぐ頭痛を訴えます。
お休みする時はきまって頭痛でした。
朝は本当に痛そうでしたが、薬を飲めば10時くらいにはだいたいよくなっていました。

治ったのなら遅刻して学校へ行こうと言うようになると、
薬を飲んで2~3時間たっても治らないと言うようになります。
午後の1時、2時になったらやっと治ったと。

ただ遅刻していくのが嫌だから治っていない振りをしているのだろうなと思っていました。
もしかしたら、薬の飲み過ぎで薬が効きにくくなってきているのかも?とも。


息子がお休みした時。

疲れているのだろうからと、特別にお菓子を買ってきてあげたり
テレビをみせてあげたり、マンガを読ませたり・・・そうしてあげていました。

頭痛が治ったら自分の好きなことができます。

もしかして、学校でちょっと嫌なことがあり、なんとなく休んでしまった時に
家にいて居心地のよさを感じたのなら、また嫌なことがあった時に
休んで家にいたほうがいいや・・・きっとそう思ってしまうでしょうね。

家が避難場所になってしまったような気がします。


息子はお休みしても平気な子になっていました。
何か嫌なことがあったらお休みすればいいやと思う子にもなっていました。


不登校になりやすい環境を作ってしまったと思います。



ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです
    ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。