スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンとゲーム① きっかけは不登校?

パソコンとゲーム。。。

その関わり方で多くの方が悩まれていると思います。

もちろん、我が家も例外ではありません。
不登校の問題とも絡んでいました。
そして、継続登校をするうえでも、不安の材料のひとつとなっています。

我が家のパソコンとゲーム事情・・・聞いていただければと思います。



まず、低学年の頃、うちの息子はあまりゲームに興味はありませんでした。
下校後、ゲーム派はゲーム機を持ちより、夢中になっていましたが、
うちの息子は「あいつら、ゲームばっかりだから・・・」と
自分とは違う趣味の仲間として自ら一線を引いていました。

その後、周りにDSなどゲーム機を持つ子が増えると、息子も買いましたが、
買った時には夢中になっても、のめり込むほどやったということはありません。

受験勉強をするようになると、ゲームからは遠ざかっていたと思います。
自由になる時間もあまりなかったですし、移動時間や空き時間は読書をしていました。

5年生の夏ぐらいから不穏な空気が流れました。
そして9月に不登校・・・

学校に行かない子はあまりにも時間がありすぎます。
それまでやっていた勉強にはもう一切手をつけなくなっていました。
最初は好きな工作など、いろんなことをして時間をつぶしていましたが、
何をやってもすぐ暇になってしまい、ゲームを始めるようになります。

DSでゲームをしていても、数日でクリアしてしまいます。
新しいのを買ってとせがまれます。そう、買うわけにはいきません。

パソコンに向かうようになったのはその頃からです。

ゲームばかりの息子、パソコンに向かう息子に不安を抱きもしました。
でも、その当時、親の立場はどん底でした。

不登校になる前に暴力で手がつけられなくなり、その後、表面的には落ち着いて
いたものの、いつまた爆発するかわからず、腫れものに触れるようにしか
息子に接することができなかった時期でした。

一時期、「もう寝ようよ」と言っただけで暴れだした息子です。
それ以来、息子のやることに口出しが出来なくなっていました。

パソコンにもゲームにも、制限をつけることは出来ませんでした。

ある時、息子はパソコンのホーム画面から無料ゲームにログインしていました。

「お母さん、これ無料だからやっていいでしょ?」
「無料?」
「そうだよ。無料なんだからダウンロードしていいでしょ?」
「う~ん」

最初、『無料』という言葉に戸惑いを覚えたのは確かです。
何か、からくりがあるのでは?と思いました。

「ね、ね、凄いんだよ。見て」

サンプル画面を見せる息子。
それは『天道○ンライン』というオンラインゲームでした。
無料でこんなことが出来るの?確かに凄い。
やってみたくなる気持ちも分かります。

息子に言われるままに、ダウンロードを許しました。
ネットゲームに何の知識もなかった私です。
もちろんその危険性も・・・

無料なら、ゲームソフトを買わされるよりいいかも・・・
悲しくも主婦の経済観念が頭をよぎりました。

そして、息子はどんどんオンラインゲームにはまっていきます。

不登校が始まり、昼夜逆転になってきてはいましたが、
最初に徹夜したのは、『天道○ンライン』をやり始めてすぐです。
朝になっても止められず、お昼近くまでずっとやっていたこともあります。
それから徹夜をたびたび繰り返すようになりました。

『天道○ンライン』のあとは『チョ○ットランド』

冒険をしながら自分が作ったキャラクターを育てていくゲームです。

冒険しながら、モンスターと戦い、勝てばいろんなアイテムがもらえます。
アイテムを増やし、いい武器や装備を身につけると、さらに強くなりレベルも
高くなっていきます。

それらを手に入れたくて、どんどんゲームをやります。
アイテムにはポイントがついていて、それを集めて購入したり、ゲームの中で
知り合う人から買ったり、直接、現金を投入したりしていました。
ゲーム運営側も、常に新しいアイテムを提供し、ハロウィンやクリスマスの時など
期間限定物を販売したりもします。購買意欲をくすぐるわけです。
息子は売り出されたアイテムを見ると、ポイントが貯まるまで待てず
自分のお小遣いを投入して、それらのアイテムを購入しました。

最初は無料だと始めたゲームですが、こんなからくりがありました。
息子はお小遣いをもらうと全額アイテム購入資金に充てました。

そして、チャットもやっていました。

欲しいアイテムがあると「○○を持っている人いませんか?」とサイト上に呼びかけると、
持っている人が話しかけてきて、物々交換の交渉をしたりします。
レベルが低く、自分だけではモンスターを倒すのが不可能だと思うと「一緒にモンスターを
倒しにいこう」と誘い、一緒にモンスターを倒したりしました。

「お友達ができた」

息子は笑顔でした。
オンラインゲーム上で出来たお友達との会話を楽しんでいました。
外に出ることなく誰とも接することがない息子でした。
ネット上の友達とはいえ、息子が楽しんでいる姿に救われもしました。

私は、それまで、息子が暇を持て余し、私に『戦いごっこ』をせがんで
くることに疲れていました。
それを断れば暴力行為に及んだこともありました。
ゲームをしている間は私は解放される・・・と思ってしまったことも事実です。

ゲームにのめり込んでいく息子に心配を抱きながらも、遠ざけることもできず、
息子の暇な時間を潰せるツールとして容認していました。

それが、その後、どのような影響を及ぼすかということを知らずに・・・



 ++++++++++++++++++++++++++++++++


以前、ぶにん先生がご自身のブログで「オンラインゲームについての考察」①②③④
(2009 4/9~4/22)という記事を書かれています。

ちゃろさんも、ご自身のご家庭での実情や、ブログのお仲間に投稿していただいた
パソコン関連の記事を「不登校とパソコン」(カテゴリより)にまとめられています。

お二方のブログは、私のブログにもリンクを張らせていただいていますので、
まだご覧になっていない方は是非、覗いてみてくださいね。


私のティカというハンドルネームですが・・・

実は以前使っていた、オンラインゲーム上の息子のキャラクター名なのです。
今は別の名前にしているようですが・・・

私のコメントデビューが、上のぶにん先生のオンラインゲームの記事でしたので、
この名前にしました。まさか、その後も使うとは思わなかったのですけどね。

もっと女性らしい素敵な名前にすればよかったかな・・・と思ったりもしますが
名前負けするのも恥ずかしいので、これでいいとこかもしれませんね。


パソコンとゲームの記事・・・次回につづきます。よろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。