スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の遊び方

一昨日と昨日の夜、雪が降りました。

雪が降ると、落ち着かない息子。。。
雪が大好き。。。

今回もいつもと同じく外に飛び出しました。
降りだしたのは夜なので、外は真っ暗でしたけど・・・

それで、まあ、まあ、次から次へといろんな遊びをあみだしていたので、
ちょっと紹介しようかな・・・と思います。

まず、ビニール袋を持って外に出て、せっせと雪を詰め込んで家に運んだ。
それも何袋も・・・
「これ100円で売れないかな~」
どこまでも金儲けには余念がありません。

100円で売ることを諦めた息子ですが、今度は
「これ、夏まで取っておこう。夏に雪遊びできるなんでいいと思わない?」
「うん、いいね~」
「じゃあ、冷凍庫に入れておこう」(しまった・・)
そのまま入れようとしたが、冷凍庫にあまり隙間がなく・・・
「入らないな~じゃあ、固めればいいな」
その後、サイコロ型を3個作って冷凍庫に収めました。

また、外に出た息子。

「お母さん、ちょっと来て!雪に字を書いたから。お母さんのために
書いたんだよ。ちょっと見に来て~」

何だろう?ちょっと期待?
外に出てみると、ほんとに家の幅ほどの大きな字・・・「DEATH」
なんで「死?}それが、お母さんのため~?
「ありがとう」も5文字だけど・・・そこまでの期待してないけどね。

その後、またせっせと雪を家に運ぶ。
今度は、台所のシンクの中を雪で埋め尽くした。
お湯を流して、その溶け具合を楽しんでいました。

次はお風呂に雪を持って入り、湯船の中で雪を溶かして遊んでいたとか・・・

で、お風呂からあがり、また外へ。。。せっかく温まったのに。。。
その時に、それまで着ていたしっとりと濡れたTシャツをまた着ていました。

相変わらず、Tシャツ一枚で過ごしている洋服だけは経済的な息子です。

そして、ご就寝。。。

「明日の朝、雪遊びしたいから、お父さんが起きる時一緒に起こして」
と主人にたのんだそうです。
起きたらしいですが、「雪もうあまりないよ」と言ったら、また寝たとか。
まあ、時間も5時ですしね。


次の日の夜。

「雪が降ってきた」と言った瞬間、また外に出る。

今度はリングドーナツ状に作った雪の塊を持ってきて、
「お母さんにあげる。食べていいよ」
「いや、いい。遠慮しておく」(これ、ホコリにまみれていない?)
「食べてみて。ほら、切ってあげる。俺も食べるから」
そして分け合って食べたのでした。(ほこりは我慢)

そこで、雪に味付け?をしようと思いついたようです。
雪をお寿司の形にし、何個も作る。
それを、ココア、食紅、ヨーグルト、牛乳を混ぜた自家製シロップ?
につけて食べていました。
また「食べる?」と言ってくれましたが、遠慮しておきました。
「微妙だけどうまい!」だって。


こんな感じで、雪と戯れていた息子でした。
いくら時間があっても足りないようでした。

このところパソコン、PSP、テレビばっかりの息子です。(3つ同時にこなします)
上野先生にもその事をご相談したりしていました。

でも、雪が降ったら、そんなこと忘れちゃたようです。
雪の方が勝っているようで・・・
まだ、まだ、お子ちゃまですね。

息子の無邪気な姿をみて、そんな部分がまだあるのだな~と安心したり・・・
ちょっぴり嬉しくなった雪でした。



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。