スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校外学習

先週、6年生の校外学習がありました。

私の時は社会科見学と言っていたような・・・

科学技術館と国会議事堂に行ってきたようです。


前の日の夜。。。

「明日って何時に出るの?」(知ってたけど聞いてみました)
「知らない!」
「え?知らないって?」
「登校班で行けばいいんじゃないの?」

一瞬、言葉に詰まる私。。。

登校班の集合は7時40分。明日は学校に7時15分集合です。
これは黙っているわけにはいかないかな。遅刻しちゃう。
でも、いきなり時間を教えるのもね~

「登校班で間に合うと思う?」
「さぁ~プリントに何て書いてあった?お母さん、プリント持ってるんでしょ?」
「7時15分だよ」(言ってしまった~)
「じゃあ、その時間に出ればいいじゃない」

なんともね~人を当てにしているのか、ただ図太いだけなのか・・・
自分の事だという認識が低すぎ・・・

こういうことに心配性でないことだけは確かのようです。
始業式の日、ランドセルで行くか手提げで行くかは、やたら心配してますけどね。
そんなことより、時間を心配してほしいんですけど・・・

「先生に時間、聞かなかった?」
「しおり見たら書いてある」(って、その場でしおりを見る気なし)

そうか、当日の朝、しおり見て「やば!」って自分で思ったかもね。
余計なことを言わないで様子を見てみればよかったかな。

でも、本人の認識の時間と実際の集合時間には30分というタイムラグがあり
ちょっと開きすぎだし、微妙ですね。

う~ん。課題が残った朝でした。



で、無事帰ってきました。

その後、校外学習の話はこれっぽっちも聞こえてこない。

で、夜になり、ちょっと聞いてみると・・・

「つまんなかった!」

これだけ? 寂しすぎます(涙)

気を取り戻し・・・

「科学技術館、行ったの覚えてる?」(3年ほど前だと思います)
「え??」(あ、乗ってきた?)
「・・・覚えてない」
「覚えてないの?」
「うん」

また、ここでプツッと会話が途切れる。
これ以上聞くのはやめました。

普段、息子はよく喋るのですけどね。
友達のこと、ゲームのこと、下ネタ・・・こういう話題は自分から
振ってくるけど、学校の中でのことになるとなぜ貝になる?



6年生もあと2カ月足らず・・・
でも、なぜかあとそれだけという実感が湧かない私。。。
他の学年のように淡々と時間だけが過ぎていっている印象です。

その理由に最近、気付いたんです。

息子があまりにも学校のこと話さないので私が実感できてないだけなのでした。

卒業制作のことも、最後の懇談会に体育館で最後の発表があるということも・・・
女の子のお母さんからどうにか情報を得ている私。

息子だけの情報で過ごしていたとしたら、いきなり卒業式に出て終わり?
卒業式もどの辺の席なのかも知らされず、ビデオ片手にうろうろ探して・・・
最後に返される作品などを手にして、こんなことやってたんだ~
なんてことになりそうです。

中学に入ったらどうしましょうね。
私の頼みの綱のお友達は私立に行ってしまうのです。

でも、情報が入るからかえって気になってしまうという気もします。

悪い情報が入らない限りはどうにかやってると思うしかないのかな。



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。