スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

継続登校を支えているものは・・・

息子は今年4月初めに復学させていただきました。

復学1日目からお友達とはほぼ毎日遊んでいます。

毎日、帰ってきて、おやつを口に入れたか入れないかぐらいのタイミングで
お友達がやってきます。
たまに、お友達が先に到着していることも・・・
そのまま家の中で遊ぶことが多いです。


復学後まもなくの頃です。

最初は2~3人来ていたお友達が、3~4人、5~6人・・・と増えていく。
一番多いときで10人来た時がありました。
後から来たり、先に帰ったり、出入りが激しい。
それが毎日ですから、時々、今誰がいるんだろ??状態になっていました。

ある日のこと。。。

その日もたくさんお友達が狭い部屋にひしめき合って遊んでいました。
6時になり最後のお友達が帰っていきました。
玄関で見送る時に、息子の姿がみえません。

お友達に聞いてみると、
「いないよ。○○の家に行ったんだと思う」
「え~!!」

なんと、息子は遊びに来たお友達を家で遊ばせ、自分は他のお友達の家に
遊びに行っていたのでした。

息子にあとでその理由を聞くと・・・
「だって座るところないんだもん」 (確かにその部屋には4~5人が限度かと・・・)
「じゃあ、なんで、そんなに呼んだの?」
「だって、こっちに遊びに来ていいよって言って、こっちにダメって言えないだろ。
そんなことしたら、友情にヒビが入るだろ」

なるほど。。。

結局、断われないのでした。
そんなことが、この後、もう1回ありました。

皆に遊ぼうと言われることはありがたいことですが、さすがにその多さに
ついていけない感じでした。
復学後まもなくだったので、皆の関心が息子にいっていたのでしょう。
それを全部受け入れ、そして、結局、逃げてしまった息子。

どうなることやらと思っていましたが、夏休み前には3~4人ぐらいになっていました。
遊びや相性が合うお友達が残ったのでしょうね。
今はだいたい2人に落ち着いています。たまに、追加メンバーが来るときもありますが、
それはカード交換であったり、その時の目的で来るようです。

やっと息子なりの遊びのスタイルができました。

息子はピアノを習っているのですが、ピアノの日だからといって遊びを断わったりはしません。
4時半からレッスンなのですが、4時下校と同時にお友達がやってきて、レッスンに
行っている間は、お友達を部屋で留守番させています。これは毎週のこと。

そこまでしても、とにかくお友達と遊びたい息子なのです。
学校をお休みした時に、ゲームが出来ないということより、お友達と遊べないことの
ほうが苦痛のようです。

お友達と遊びたい。。。 

その思いが息子の継続登校を支えていることは間違いなさそうです。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。