スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校休ませて。。。

登校して1週間目。

まずは、私が上野先生にお送りした「会話ノート」に添えた文章を読んでいただけますか。
ほぼ原文のままです。

    
       + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +  

1週間、無事登校できました!

自分で目覚ましをセットし、自分で起き、自分で時間をみて出て行こうとしています。
私が何も言わなくても登校する・・・私の夢見た朝の光景が現実のものとなりとても幸せです。
叩き起こして、今日は行くのだろうかと不安だった日々が嘘のようです。

ただ、ちょっと疲れが出ているのが心配です。
寝る時間については何も言わないで、失敗した時に言って下さいと指導を受けているにも
関わらず、ついつい言ってしまいます。
本人が早く寝ようという気が皆無なので、ついつい・・・だめですね。

月曜日(←登校2日目です)はありがとうございました。
来ていただけると分かっていたので、不安な気持ちにならずに済みました。
そして、なによりも先生といろいろとお話できた事が本当によかったです。
登校刺激の日や、登校日にも来ていただいていますが、イベントに頭が一杯だったもので
お聞きしたい事を充分にお聞きすることができずに終わっていたような気がします。
月曜日にゆっくりお話が出来て、いろんな事が分かって、本当に有意義な時間でした。
お別れした後は、もうお会いする機会がないのだなと思うと、急に寂しくなってしまいました。

次の日、N先生にその後の○○の状態をメールでお伝えしたのですが、電話をいただいて、
「今後は・・・」と、もしもの時のお話があり、また来ていただけることは分かっていますが、
お別れメッセージのように聞こえてしまい、さらにしんみりしてしまいました。

その前に、Nさんが行ってしまった時も、寂しい思いをしていました。

登校の喜びと引き替えに、先生方とのお別れも待っているのだな・・・としみじみ思った次第です。
子どもが不登校になり、子どもの状態や親の気持ちは、周りにあまり理解されないものです。
そんな心が弱っている時に、手を差し伸べて道筋を示してくれる存在は本当にありがたいです。
特別な思いがあります。
登校して嬉しいはずなのに、別れの寂しさが込み上げてきて・・・複雑な思いです。

何を言ってる。まだ卒業じゃないよ!という声が聞こえそうですが・・・
今後、上野先生やN先生が駆けつける事態になって、「また会えましたね」と言われるかも
しれないのに、かってにお別れモードになっていて申し訳ありません。

余談が長くなりました。
よろしくお願いします。

      + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +  


このメールを送信した時は、本当に幸せでした。(過去形ではありませんが・・ちょっと汗)
あまりの嬉しさに肝心の「会話ノート」を添付し忘れてしまった私です。(その時3回目)



次の日の朝のことです。


なかなか起きてこない息子。布団から出てきません。

「学校、休ませて。1週間はきつい。。。」

なんと。。。

息子は張り切って学校へ行っていました。
陸上部の朝練、午後練、そして、毎日のように体育の授業がありました。
それも走ることが多かったそうです。
授業だけでも大変なのですから、本当は、部活はしばらくお休みした方がいいのでしょう。
でも、息子は学校へ行った以上、皆と足並みを揃えないと嫌な性格。
すべて皆と同じく、全部こなしていました。
そして5時に帰ってきて、友達と遊ぶ毎日。
完全にオーバーワークです。

朝は5時45分に目覚ましをかけていました。
夜は10時過ぎてもなかなか寝ません。
水曜日頃から、起きるのが大変そうでした。
ただでさえ睡眠不足。疲労も重なり、体力面で限界にきていました。

「きついよね。でも、学校は行かないとね」
「・・・気持ち悪い。精神的にも疲れた」
「精神的ってどういうふうに?」
「パソコンずっとやってない。1日100時間あったらいいのに・・・」

頑張りの糸が切れました。。。

上野先生にお電話をして、どうにか学校に向かせることができました。
本当に危なかったです。

登校刺激がすごく効き、その時からずっと前向きに頑張っていた息子。

「順調なのはいいけれど、張り切りすぎていて心配です」
先生から、そう言われていました。
その時は、なぜ心配なのか分からなかった私です。
登校より継続登校の方が難しいと言われてはいましたが、あまりにも息子が
順調だったため、もしかして、うちの息子は例外なのかも・・・などと思ったりもして。

このことでしたか。。。

やはり、うちの子だけが例外なんてありえませんでした。
これからは甘くない・・・そう気持ちを引き締めました。

しかし、私の上のメールの内容・・・本当にお恥ずかしい。
しんみりしている場合じゃないですよね。
先生にも「昨日の今日ですからね~」と笑われてしまいました。
継続登校の大変さが身に染みている今は、とても書けない内容です。
それから半年ですが、まだ卒業していませんしね(汗)

子どもは同じ場所に立ち止まっていません。
登校した後も、子どもを取り巻く環境の変化、それに影響を受けて子ども自身も
日々成長していきます。
そんな子どもの変化を感じながら、継続登校を支えていかなければなりません。

登校が安定して、本当に心配がなくなって、どこかで先生にお会いしたときに笑顔で
「また会えましたね」 と、言っていただきたいな~と。

そんな日を夢見て頑張ります。




スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。