スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹夜は万能薬?

息子は今朝、学校へ向かいました。
風邪をひいていて、体調はあまりよくなかったのですが、部活の朝練はパスすると決めて、
皆より遅く出ました。まずは、ひと安心です。

先週、金曜日のこと。。。

息子がお休みしたのは、どうやら体調が悪かったとのこと。
風邪のひき始めで頭痛もしていたようです。

それならそうと言えばよかったのに。
「お父さんがいたので、体調が悪いと言えなかった」と言うのですが・・・
まあ、言えたとしても、学校へ向かったかどうかというのは別問題です。
体調不良を訴えていたら、先生からアプローチをかけることは出来なかったはず。
逆に、お休みしていたかもしれません。

実際は、学校で保健室で寝ていたわけでもありませんし、帰ってきた時に元気でしたし、
行けた!という判断です。
風邪のひき初めで体調が悪かったとはいえ、熱があるわけではありません。
多少具合が悪くても我慢して学校には行くという気持ちがほしいです。

風邪、頭痛・・・精神的なものではなくても、今までもよくお休みしていました。
朝、眠くてなかなか体が起きない時など、少しの体調で気分が左右されてしまうようです。
一度、学校へ向かったら、頭痛でも平気で友達と遊んでいます。
元々、大事をとるタイプではありません。朝の気分だけですね。

金曜日は、体調が悪くても、とにかく学校に向かいました。向かわされました。
今日も休んだら、また電話がきちゃう・・と思ったかどうかは分かりませんが、
このぐらいで休んではいけないんだ!と心に刻んでおいてほしいです。


その体調が悪くて危なかった金曜日。
確かに、学校から帰ってきて、鼻水ズルズル。ティシュが離せない状態になりました。

金曜の夜といえば、息子のお決まりの徹夜日。
「徹夜する」と宣言していましたが、結局、睡魔に負けてソファで寝てしまいました。

実は、その前の、台風で代休だった木曜日の前日も徹夜すると言っていましたが、
その時も寝てしまい、かなり悔しい思いをあらわにしていました。
もう、徹夜しなければ、気持ちが収まらないところまできていたようです。

なぜ、徹夜したいのか。。。

徹夜して過ごしている時間は、息子にとって至福の時なのだそうです。
とにかくずっとパソコンに向かい、アニメの動画をみたり、オンラインゲームをしたり
やることは決まっていませんが、夜中にひとりで時間を過ごすこと。
今日の夜は何をしよう・・・そう思うだけで幸せのようです。
それでストレスが解消されると言います。

土曜日の夕方。ついに熱ができてて、37度4分でした。
さすがに、徹夜しないで、まず風邪を治さなければ・・・と言いました。

「ストレスで風邪になったんだ!これはストレス風邪なの!徹夜しなければ治らないの!」
噛み付くように言う息子。そこまで言うのなら、もう放っておきましたけど・・・

そして、徹夜明けの朝。
風邪が悪化して具合が悪くなっているかと思いきや、息子は元気そのもの。

「あ~ストレス解消できた。熱も下がったし、喉の痛いのも治ったし、鼻も少しよくなった
気がする。徹夜は万能薬だ!徹夜パワーはすごい!徹夜ができなくて、猛烈に
むかついていたんだ。これで、晴れて徹夜をお母さんに認めてもらえる」

ここまでくると、もう、何も言えませんね。


徹夜は不登校になってからなのですが、登校刺激から登校後しばらくは止めていました。
しかし、1ヶ月もしないうちに再開。
まだ、生活のペースが完全に掴めていない時でしたから、体力面でも綱渡り状態でした。
継続登校を脅かすやっかいものです。

上野先生にご相談すると。。。

「もちろん、嫌ですし、親としても、気になるところでしょうが、人間、睡眠時間を多少削っても、
寝る前に映画を見るとか、好きな音楽を聴くとか、それでリセットできて、明日に向かえること
もある。○○が徹夜をしてストレス解消をしているというなら、そこで息抜きをしてバランスを
とっているのでしょう。今はまだ、登校したばかりで、ストレスがかかっている状態、それに
それによる失敗もしていないわけですから、今の時点で、制限はかけられないです。
もし、徹夜が原因で、学校をお休みするような事態になった時に、はじめて注意できますし、
制限もかけることができます」

徹夜は継続登校において、不安材料ではありますが、それで精神面を支えることができて
いるのなら・・・やはり精神的な安定が重視されます。

息子も、金曜日の夜に徹夜しても、土日で調整できるから月曜日は大丈夫!と、
登校に支障がないようにと、一応考えていましたので、本人に任せることにしました。
その後、土曜日もたまにする時があり、どこかで失敗しそうなのですけどね。

失敗したら、その時に本人が考えてくれればいいこと。そう割り切っています。
まあ、割り切るしかないな・・・が本音ですけどね。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。