スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き渋りの朝

今朝、また動かぬ息子を見てしまいました。

動かず、言葉を発せず、何も分からないまま時間だけが過ぎてゆく。

重苦しい時間。。。

朝、いつものように起き、着替えをとりに行き、部活の朝練も行くと言ったのに・・・
いつもの朝だったのに・・・
その後、着替えを手にソファで動かなくなった息子。

どこで気持ちが折れてしまったのでしょう。

このところ、重大な問題はないにしても、
元気に行ってます。。。とも、どこか言い切れない日々でした。
今朝のことが、突然、降って湧いたとも思えない。

でも、何故。。。分かりません。。。


今日の朝、主人がいました。

私は息子を起こしてから、母の着替えを手伝うために母の部屋へ。
母はなかなか着替えてくれず、最後には怒り出し・・・諦めました。
母の着替えが出来なかったことは初めてのことで、ちょっと打ちひしがれていました。

母の部屋から出たら、ソファに座り込んでいる息子と、その横にいる主人。
その空気がいつもと違っていました。

主人はしばらく息子と時間を共有していました。たまに話しかけて様子を伺います。
しかし一切、動かない息子。

「何も無かったら、こうなっていない」 そう言ったそうです。


上野先生に電話をしていただきます。

「反応が悪いです。行くかどうかは分かりません
もし、今日行かなかったら、私が指導に行くことになると伝えてください」

先生との電話が終わったあとも、その場所で座り続けていた息子。
「先生から電話があったのだから、行かないとな」
主人がそう言ったそうです。

息子の目からこぼれる涙。。。

やっと立ち上がり、準備をし、うなだれ出て行きました。
私は少し距離を置いていましたが、その間、泣いていたそうです。



今日、元気に帰ってきました。
いきなり、友達の話などしてきて明るい。

こうなると、もう朝のことは分かりません。
明るさの理由も分からない。
本当に何もないのか、から元気なのか・・・
もとから学校のことは、ほとんど話さない息子です。

「俺が家事やるから、お母さんがかわりに学校へ行って」
なんて気になることも言ったりして・・・


「今の時点でいろいろ考えても分かりませんしね。
 来週、元気に行けるかもしれませんし・・・
 行けなかったら、その時に理由が分かるかもしれませんし・・・ 
 まあ、連休を楽しく過ごしましょう」

そうですね。本人が口にしないことをいろいろと想像しても仕方がない。

答えが見つかっても、見つからなかったとしても
乗り越えていかなければならないのは息子自身。
答えを見つけようとすることに意味がないのかもしれません。

親の私が出来るのは、先生のお力を借りて、学校へ向かわせること。
今日は行きました。今日も行きました。
それを1回、1回積み重ねるだけ。
そうして、乗り越える力を身につけていってほしい。

少しブルーな一日を過ごしていましたが、夕方、先生に少し元気もいただきました。

親が元気でいること。これも必要ですしね。
いつもの私に戻って、連休を楽しく過ごそうと思います!



スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。