スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン♪・・・子供会の行事

もうすぐ、ハロウィンですね。

先日の日曜日、子供会で、ハロウィンの行事がありました。
我が家は120軒ほどの住宅街の中にあるのですが、その住宅街の小学生で
子供会を作っています。

ハロウィンの行事では、子ども達が各々扮装して、お菓子配りに協力してくれる
家々をスタンプラリー形式で回ります。
子ども達は地図を持って、かぼちゃのマークの家を探し、スーパーボールすくい、
くじ引き、じゃんけん、キャンディ掴み・・・などを楽しみながら、お菓子やおもちゃ類を
集めて回ります。


さて。。。ちょっと、話はハロウィンから離れ、1学期の話になるですが。。。

子供会では、毎学期ごとに催し物があります。
1学期は、お食事会をして草取り。2学期はクリスマス会。3学期は歓送迎会。
各学期の終業式の日の恒例になっています。

1学期のお食事会の時のことです。

下校後、自治会の集会場に皆が揃ったら、お食事会の始まりです。
私は子供会の役員ですので、お弁当などのセッティングをして、子ども達が
集まってくるのを待っていました。

うちの息子もやってきました。
席は自由です。でも、いつまでも座らないで部屋を歩き回っている息子。
同級生の女の子が、うちの息子に話しかけてきます。
「○○君、どこに座る?」「知らね~!!」
6年生は4人いますが、3人は女子。
今まで、いつもその4人で一緒に座っていました。
すでに3人は座っていましたが、うちの息子が座らないので、聞いてくれたのです。
息子が私のところに来ます。

「お母さん、帰っていい?」
「どうして?」
「俺、友達と約束してるからお弁当持って帰っていい?」
「ダメ~これ終わってから行って」

でも、気がついたら消えていました。お弁当は残されたまま・・・
これ、いつも全員参加しています。途中で消えるなど聞いたことがありません。
前代未聞?

後で、消えた理由を聞くと、「だって俺の座るところないんだもん」と涙。。。
どうやら、自分の居場所が見つけられなかったようです。

でもね。不登校になる前ですが、部活の朝練がある火曜日から金曜日は、
その女の子達と待ち合わせして、黒一点で毎日楽しく行っていたのですよ。
ご近所さんにも、「女の子の中でも全然平気なんだね。いいね~いつも楽しそうだよ」
なんて言われていました。

それが、不登校で7ヵ月間お休みし、復学した時には、もうその女の子の中に
入っていけなくなっていました。どうやら、きっかけを失ったようです。
お食事会のとき、女の子が家まで迎えにきてくれたそうですけどね。
でも、そうされるとよけい、素直になれない?
年齢的なものもあるかもしれませんね。思春期ですし。


さて、ハロウィンの話に戻ります。

息子は参加すると言っていました。
でも、当日の朝になり、

「やっぱりお菓子だけ後で貰うのでもいい?」
「もう今さら遅いよ。もうお菓子、各家庭に配られているもの」
「だって、今日、友達とフリマ一緒に行くって約束したんだもん」
「フリマって何時までなの?終わってから行くのじゃだめなの?」

なんか、この会話って不吉な予感。。。

でも、「じゃあ、さっと1番に回っちゃって、それからフリマ行くわ」と
家を出て行きました。扮装はせず・・・

我が家も、おもちゃ配りの家になっていました。息子も来るはず。
しかし、すぐ回り終わると宣言したわりには、全然、姿を現しません。
ちら、ほら、「もう終わった~」などと通り過ぎていく子ども達。
同じくお菓子配りの家のお隣さんと、お話をしていて、

「うちの息子遅いな~まさか、逃げ出したんじゃないかな~??」
「そうだったりして~(笑)」 ←あら、否定してくれないのね??

ほどなく姿を現した息子。我が家とお隣さんで最後でした。
その後、最後の景品を貰いに行き、フリマに出かけていきました。
回り終えるのに、随分と時間がかかりました。ほとんど最後の方でした。

後で聞いた話です。
子ども達は好きな順序で回りますが、家の前で順番待ちをする時もあります。
息子は先に来ていた子がいたら、その後に並ばずに、少し遠くで待っていて、
その間に、小さい子達がどんどん来たら遠慮して並ばず、結局、最後になるのだとか。
なるほど・・・それをあちこちでやっていたのなら、時間がかかるはずです。

「来年はハロウィン出ないで、フリマ行くからね」 と帰ってきてから言っていました。
「来年は、もう出たくても出れないよ。子供会の行事だからね~」
「え?そうなの?小学生だけ?よかった~・・・」
「え??(分かっていなかった??)」
「あ、でも、お菓子だけ貰えないの?」
「は??残念でした~」

ハロウィン、ひとりで回っていたのは息子だけでした。
皆、友達とわいわい言いながら回っていますので、回るお友達がいない息子は、
はたして・・・と思っていました。
最初は参加すると言っていた息子ですが、間際になって現実に気づき、「やっぱり
出ない」 と言うかもと覚悟していたのです。
でも、消えることなく、最後まで参加してくれて安心しました。

あとは、2学期のクリスマス会。3学期の歓送迎会があります。
とくに歓送迎会は主役なのですけれど・・・
自分の居場所を見つけられるでしょうか。。。

前代未聞の記録更新にならなければいいのですけれど。。。



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。