スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校準備~学校訪問

登校日は4月10日と決まりました。
6日が始業式ですので、その少し後になります。

登校刺激から2週間と短い期間での登校になりましたが、それなりに理由があります。
まずは、6年生を迎え、1日でも早く登校できた方がいいこと。
1学期スタートしてまもなくなので、宿題など仕上げていくものがなかったこと。
中学受験の勉強をしていたので、勉強の貯金があり、7ヵ月間勉強しなかったとはいえ、
休んでいた間の内容は受験勉強ですでに終わっており、勉強の遅れがなかったこと。

登校に向けてのスケジュールは、お兄さんが作ってくれた「登校予定表」に記入されていました。
息子はそれをすぐダイニングテーブルの透明マットの下に敷き、毎日、幾度となく目を通していました。
4月10日の登校日まで、息子はどのような思いで見ていたのでしょうね。


学校訪問、家庭訪問、学校見学。。。

登校までは、まずこれらの段階を踏みます。
いきなり登校して、洗礼を受けても困りますし、学校の先生方のご理解も必要ですし、
登校日にかかるストレスが少しでも軽減されるように準備が必要なのでしょうね。


まずは学校訪問です。。。

登校刺激から約1週間後、訪問のN先生と私とで学校へ向かいました。
家ではメンタルフレンドのNお兄さんと息子とで留守番です。
学校では、担任の先生の他に、校長先生、教頭先生も待っていてくださいました。
先生方に登校までのスケジュールをご説明し、ご了解を得、準備などの確認をしました。
いろいろなこと、快くお受けしていただきました。

始業式の日に「クラス発表」をしてもらうよう、お願いもします。
「4月10日から学校へ行くこと」
「○○は休んでいた間のことを聞かれたくないので、何も聞かないであげてほしい」
これをクラスのお友達に伝えてもらいます。

息子の一番の気がかりは、クラスに戻ったときに、「なんで休んでいたの?」とか
「休んでいるときに何していたの?」とかいろいろと聞かれることだったのです。
その対策のために、担任の先生に「クラス発表」してもらう必要がありました。

登校は始業式でもよかったのですが、クラス発表のために少しずらしたようです。
クラス発表後、翌日の登校になると、皆の注目の的になってしまうので、少し日にちが
経って忘れかけたぐらいに登校するほうが、自然に入っていけるそうです。
いろいろな配慮があるのですね。

もうひとつ、気がかりなこととして、息子には、苦手な友達がいました。
毎日、遊んでいた友達で、クラスの皆にも仲がいいと思われていたのですが、
息子はその子が苦手でした。1、2年の時も同じクラスでよく不満を漏らしていました。
でも、その子はうちの息子のことが好きなようで・・・それで逃れられなかったのです。
その子と喧嘩した翌日から不登校になっています。
担任の先生は、それを気にかけてくださっていました。

グループ分けや、係り決めの話しになった時に・・・

先生「グループ分けをする時に、その子と離した方がいいですか?」
私 「そうですね~そう、お願いできれば・・・」

実は1学期にグループ分けしても、またその子と同じグループになってしまい、
学校でも放課後でもずっと一緒で息子のストレスがピークになっていたのです。

しかし、そこに割って入ったN先生。
「いや、苦手なことこそ克服しなければ・・・かえって、同じグループな方がいいぐらいです」

いや、本当、その通りですね。逃げてどうする!?ですね。
その苦手な友達とはずっとまた1年間付き合っていかなければならないのですから。
避けて通れないのなら、向かっていくぐらいでないとダメってことでしょうか・・・
まあ、そこまではしなくても、目の前に起きた問題は流すのではなく、ちゃんと解決
していかなければならないという事ですよね。
難が振りかかった時に排除していたら、どこまでもそうしなければならないですものね。
子どもに、それに向えるだけの力をつけてあげなければ・・・
この時のN先生のパンチ(?)で目が覚めました。

グループ分けはくじ引きで決めるそうなので、それに従い運に任せることになりました。
結果的には、その友達とは違うグループになりました。

その苦手だった友達とは、登校した日からずっと毎日のように遊んでいますが、今は
いい関係を作っています。たまに喧嘩をして2~3日離れたりしますが、基本的に仲良しです。
今は、息子からその子の不満を聞くことはなくなりました。
今まで一番嫌いだったのに、今では好きなランキングに入っています。3番らしいですが。
苦手だと思う気持ちから脱することができたのは、明らかに、息子の中の変化でしょうね。
その友達が変わったわけではないので・・・本当に成長したと思います。


学校訪問は春休み中でした。
本来、担任の先生の発表は新学期になってからであり、まだその時点では、学校側は
伏せていなければならなかったのです。でも、息子の登校の準備のために特別に教えて
いただきました。本当にありがたかったです。
5年生の時の担任の先生がそのまま持ち上がりでしたので、クラスも先生も変わらず、
息子がまた同じ環境で再スタートを切れることも、ありがたかったです。

すべてのことに感謝です!

学校訪問が終わり、その日のうちに担任の先生に家庭訪問をしていただきました。


長くなりましたので、それは次回に!


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。