スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校刺激を終えて思うこと~「学校へ行きたくない」の本当の気持ち

「本当は学校へ行かないといけないと思っていた」
「でも、休んでいるうちに行けなくなってしまった」
「どうしたらいいか分からなくなってしまった」 

繰り返すようですが、登校刺激で息子が言った言葉です。(登校刺激の記事)

確かに、不登校の初期段階では、息子は学校へ行こうとしていました。
でも、そのうち 「絶対、学校には行かない!」 になってしまいました。
そして、その後もずっと、そう言い続けていました。

エンカレッジのHPでこういう言葉があります。

子どもたちの 「本当は学校へ行きたい」 という思いを実現します。
ほとんどの子どもたちは、学校には行きたい、もしくは、学校に行かなければならないと
考えています。

うちの子は 「絶対」 って言ってるし、その 「ほとんど」 の中には入ってないんだ、きっと。
うちの息子は支援してもらえないかもしれない・・・
と一旦は諦めてしまったのです。

でも、でも・・・「本当は学校へ行きたい」 という気持ちを持っていたのです。
ずっと 「行きたい」 という希望を持ち続けていたのに、それが叶えられなくて、
もう望みを打ち消すことしか出来なくなってしまったのかもしれません。
「行きたい」 のに 「行かない」 としか言えなくなっていたなんて・・・
なんて悲しいことでしょう。

息子の言葉を真に受けて、学校をあきらめ、違う道に向かっていたとしたら・・・
心の中に隠し持っていた息子の思いに気づいてあげられずに終わってしまって
いたかもしれません。

「フリースクール」という考えがあります。
選択肢のひとつとして考える方も多いと思います。うちも、そうでした。
人間、もしもダメだったらという、心の拠り所が必要なのです。
だから、フリースクールの考えを私は否定しません。
フリースクールは最後の砦だと思います。
だから、あくまでも、本当に本当にダメだったらという選択にしてほしい。

もし、子どもが本当は学校へ戻りたがっていたとしたら・・・

親が違う道に踏み出そうとしていたら、それに気づいてしまったら、もう本当の自分の
気持ちを心の奥底にしまい込むしかなくなってしまうかもしれない。


うちの息子は・・・

一歩も外に出れませんでした。
カーテンを閉め切って過ごしていました。
外に音が漏れないように、ボリュームを下げていました。
学校の先生には会わないと言いました。

本当は自分は家にいてはいけない。
学校に行っている姿が本当の自分の姿なんだ。
そう、思っているからこそ、それが出来ない自分を誰にも知られたくなかったのでしょう。

本当は、行けなくなった学校へ行きたかったのです。
戻らなければ、逃げたままで終わっていたかもしれない。。。



子どもは信じてあげてほしい。。。

でも、「学校に行きたくない」 という言葉だけは信じないでほしい。。。

それが私の思いです。


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。