スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな山を越えて・・・

また次の山が目の前に・・・
今回は、かなり大きなひと山でした。

FHEの藤本先生に助けていただき、どうにか超えることができました。


11月4日からずっと継続登校はできていました。
上野先生のモーニングコールが終わりになり、そのまま1週間が経過していましたが、
今週の代休明けの火曜日から崩れ、そのまま3日間お休みしてしまいました。

お休みした日のPSPの使用を息子に任せた時に、甘い選択をした息子。
そういう選択をすれば、また行かなくなるだろうという上野先生の予想は的中しました。

我が家はわりと笑顔がある家庭です。
親子関係は友だち関係に近い。
子どもに問題が起きなければ「仲良し親子」でいい感じです。

しかし思春期・・・
子どもは、なんとか自分の権利をとろうと親に挑んできます。
中学生活にも慣れてきて、すこし外れた行動もするようになってきます。
いろんな問題行動が起きてきます。
ただの「仲良し親子」では太刀打ちできなくなってきていました。

いざという時に言い聞かせられる親子関係でなければなりません。
親と子の間に一定の距離感が必要なのでしょう。
時には叱りつけ、問題行動の修正をする必要もでてきます。

そう指導されてきましたが、なかなか出来なかった我が家。

我が家には「叱り役」がいないのです。
子どもに押し切られると、最後に甘えを許してしまう構造があります。
子ども上位になり、さらに問題解決が難しくなります。

息子はひとつ制限を取り崩したことで、どんどん権利を広げていきました。
今週、お休みした時に急に開き直ったようになり、

「俺は自由に生きる。お休みした日に何をしても俺の勝手だ」と言い出し、
お休みした日も皆が学校にいる時間にも、PCやゲーム、テレビ、ピアノ・・
堂々と目の前でやるようになってしまいました。

一度、悪態をついたらもう後には引けなくなるのでしょうか。
家庭力の弱い我が家では、もはや、収拾をつけることができなくなってしまいました。


藤本先生、上野先生とお二人に入っていただき、どうにか修正していただきました。
親の力不足の部分を補っていただきました。

「全部自分が悪いです」
最後、息子が泣きながら言いました。

目の前には本来の素直な息子の姿がありました。
私は言葉にならず、ただ涙・・・

でも、息子にここまで悪態をつかせたのは親なのです。

ごめんなさい・・・
私は心の中で息子に謝っていました。

もうこんな場面をつくってはいけないですね。



コーチングの後、訪問の先生方が息子をフォローしてくださいました。

前回、上野先生と入っていただいたI先生と、初めてお会いするA先生。
I先生、このところお忙しいようで、A先生が今後、メインで入ってくださるようです。

お二人の先生に勉強を見ていただいたのですが、息子はかなり意欲的だったようです。

まず苦手な英語をやりたい。他には数学ともう1教科。1回に3教科やりたい。
休憩時間はなくてもいい・・・息子がそう言ったそうです。

その意欲が消えないうちにと、翌日もA先生が入ってくださいました。
息子、笑顔で先生を迎えました。

2時間があっという間だったと息子が言っていました。
息抜きのゲームなどする必要がなかったようです。

気持ちを入れ替えることができれば、こんなにも変われるのですね。
コーチングで息子のやる気をも引き出していただきました。

今後、継続的に勉強面のフォローもしていただき、結果がついてくることで
息子の自信を取り戻すことができたらと思います。

我が家を立て直していただき、息子が変わるきっかけを作ってくださった
先生方には感謝、感謝です。



コーチングの後、先生方とお別れする時に・・・

藤本先生から「もう1回入ってもいいよ~」というようなお言葉が・・・
あの~それって、織り込み済みですか??(汗)

そうならないように・・・

でも、心の片隅では、その言葉を支えに・・・

これからもっと気を引き締めて頑張っていこうと思います。






ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

早くも1日お休み・・・

今学期、早くも1日お休みしてしまいました。

今週月曜日、完全なる寝不足です。

金、土と夜更かしして、4時、3時まで起きていているのに、
朝、6時に友達と約束なんかしたりして、懲りない(涙)
まだ日曜日の夜、早く寝ればいいのに1時半まで起きていました。

体調不良を訴ったえることなく、ただ起きられないだけ。

我が家は翌日学校がある時は、PCは10時半までという制限がありますが、
金、土の制限は設けていません。
週末の夜更かしが登校に影響がでるのなら、考えないといけませんね。

次回同じようにお休みをしたら制限を考えると警告を発しました。
「PCを制限しても一緒だ」って息子、反論してきました。

確かに、寝る前にちょっとだけ本を読むつもりが、最後まで読んでしまい
深夜になってしまったり、夜中にキーボードを弾いている時も。
PCやゲームの制限で寝不足が解消できるとは限りません。

消灯時間を設けないといけないでしょうか・・・

寝不足は学校を休む理由にはならないこと。
親がそう示していき、
学校は行くものと、本人が自覚することが必要ですね。

「1学期に比べたら、まだ1日しか休んでないよ」とも言ってきました。

1学期に23日もお休みしていますから・・・
学校をお休みしてしまうと、そういう感覚になるということですね。

毎日、毎日、学校へ向かい、学校へ行くことが当たり前になり
身体がそう覚えないといけないのだと思います。


お休みすると、ゲーム、PC、テレビ禁止ですから
もう観念していて、反発することもありません。

お休みした日は、だいたい2時~3時まで寝ていて、起きても
自分の部屋からでてくることなく食事も求めてきません。
夕食に呼ぶとやっと降りてきて、(なので、1食になることが多い)
食べたらまた自分に部屋に引き揚げたりします。

いつもなら、ずっとリビングにいて、なんだかんだと私に話かけてくるのですが、
お休みした日はとってもおとなしいです。
ただひたすら1日が過ぎゆくのを待っているだけのようです。


睡眠不足を解消した息子は、昨日、すっきりした顔で登校しました。
今日も変わらず学校へ向かっています。

最近、同じく剣道部をやめた、K君がきてよく遊んでいます。
K君、転部するはずだったらしいですが、部活がない楽さを覚えてしまったようで
なおかつ遊び相手もいるもので(息子ね)このまま帰宅部のようです。

息子がお休みしてしまった日は遊べなかったK君ですが、それを聞いた
K君のお母さんが昨日、電話をくれました。
休みが1日だけだったと知り、ほっとしていました。

同じクラスの剣道部の他の子のお母さんからも同じ日に電話が・・・
1学期に話を聞いてもらって以来、息子のことを気にかけてくれています。

ほんとうに皆さん、温かいです。
私はまわりの皆さんに恵まれています。



情けなくお休みしてしまった息子ですが、お休みするつもりはないのです。

「夏休み中はきまった友達とばかり遊んでいたけれど、学校へ行くと
いろんな友達と約束できる」

って言って、ここ最近、いろんな友達が出入りしています。

気持ちが一応学校に向かっていることは確かです。
友達だけか??って気もしますけどね(汗)




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

またコケて・・・でも、どうにか・・・

前回の記事でやっと退部届をだし、ニコニコ笑顔で元気よく帰ってきて・・・
よかった~チャンチャン!・・・とはなかなかならないのが息子?

先週、金曜、そして月曜・・・と2日づづけてお休みしてくれました。

だいたいいい報告をした後、すぐにまたコケてくれます。

「あ~私、なんであんな記事書いちゃったんだろう・・・」って何回思ったことか・・・
自分で自分がいやになってしまいます。

しかし、上野先生の予感的中ですね。
杞憂であってほしかった・・・(涙)


金曜日・・・

朝、行く準備をして、あとは着替えて出るだけと思いきや
「あ、ちょっとトイレ」と駆け込んで、そのまま時間切れ・・・

遅刻だからもう行けない・・・と。

ずっとお腹の調子があまりよくなかったのに、前日夜、私の警告無視して、
激辛ハ○ネロ、食べてそれはないでしょ。


月曜日・・・

朝、「あと10分寝る」って言ったまま、その時間になっても、それを
過ぎても一向に起きる気配がなく・・・

結局「行かない」・・・と。
体調不良を訴えるわけでもなく、ほかに理由も言わない。

土日に、友達と遊んで、「楽しかった~」って、遊んだ内容とか
いろいろ話してくれて再現までしてくれて・・・それはいいけど・・・、

どうして次の日、こうなっちゃうの?

部活にケジメをつけても、こうなの?
お母さん、もうわからないよ。

ショックで、ショックで・・・茫然としてしまいました。

ただひたすらベッドに横たわり、寝たふりしている息子。
腹が立ち、そして、とっても悲しくなり、涙がにじんでくる。

「お休みするなら、これ預かるからね」と

部屋にあったPSPとPCとPS3を持ち出そうとしたときに、
前回、約束やぶってこっそりPCをやっていたことを思い出し

「本当はお母さん、こんなことしたくないのに・・・」って

さらに悲しくなって涙があふれ、最後は言葉にならず・・・
鼻水ズルズルしながら部屋を出ていったのでした。



その日は役員の仕事で、午前中学校に行かなければならず

「なんでこんな日に委員会があるんだろう」ってまたまた悲しくなり

午後から参観懇談会があったのですが、とても行く気にはなれず
一緒に行くはずだった友達に断りのメールを入れ

「どうして今日なんだろう・・・」ってズンズン落ちていく。

おまけに、その日はごみの日だったのに、そんなこんなで出し忘れ(汗)


何も手につかない沈みきった1日でした。
ほんとにイヤですね。こんな日々。



また上野先生に電話を入れていただき、
火曜日は登校できました。

先生、ありがとうございました。
我が家の父親がわりの先生・・・(汗)


そして息子、最後のケジメ・・・剣道の防具類を持ち帰ってきました。

「これで全部すっきりした~」ってまたまたニコニコ笑顔。
この笑顔にだまされちゃいけないんだけど・・・

防具類を部屋にひろげ、竹刀で打ち込みを始めた息子。

「この竹刀が一番好きなんだ。最初に買った竹刀だし・・・」って。

剣道きらいじゃないのに、残念だな~なんで辞めなければならなかったのかな・・・
なんて、またちょっと悲しくなってしまいました。



学校では暑くて熱中症になりかかり頭痛がしてきて大変だったようです。

「ほんと学校って暑くてやだわ。あの暑さ耐えられない」って言ってました。

まさか、それが行き渋りの理由じゃないよね?


去年などはエアコンなしの道場で剣道衣と防具をつけて部活やっていたのだし、
それに比べたら、う~ん??と思ってしまいます。
部活も辞めてしまったし、このところの行き渋りで体力が低下してしまったのでしょうか・・・


今日は久しぶりに自分で5時に起き、ちゃんと朝ごはんも食べ、
久しぶりに歯も磨き(何日ぶりだろう・・・)朝シャンして出て行きました。

「水筒なければ乗り切れない」と水筒も持って・・・
小学校、中学校と水筒を持っていっていいのですが、持っていくのは今日が初めてです。

私にとっても久しぶりに気持ちのよい朝でした。
ごみもちゃんと出しました(笑)



あと4日行けば夏休み。

どうにか最後まで踏ん張ってもらいたいです。




PS 使えなかったPCやっと昨日、立ち上がりました。
 サポートセンターに6回くらい電話して(しすぎ?)どうにかこうにか・・・
 おかげさまで、大切だったデータも無事、救出成功!
 よかった、よかった~
 
 




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

ひと波こえて・・・

息子はどうにか、ひと波超えました。

もしかしたら、次の波がくるかもしれません。

今のところはそんな感じでしょうか・・・


5月は8日お休みしてしまったんです。

最初はぽつりぽつりだったお休みでしたが、
先週、登校したのが水曜日だけという五月雨どころじゃない状況になっていました。

今週に入り、月、火と登校し、昨日から2泊3日の林間学校へ参加しています。
どうにか脱出しています。


最初、「なんとなく行く気がおきない」と気軽にお休みしてしまったことで、
だんだんと行くのが面倒になってしまったようです。
頭痛を理由にしていましたが、それは仮病だったとあとから言っていました。

なぜ「怠けごころ」が生まれてしまったのか・・・

我が家に突き付けられました。

息子が自分で考え行動できるよう、なるべく口出し、手出しをせずにきました。
言いかえれば、自分の時間を自分の責任で自由に使えることでもあります。
ただ、一歩間違えれば、好き勝手にしてていいと勘違いされてしまうのですね。

問題が起きた時、「これはダメ」「これはいい」という親の線引きが弱かったです。
叱るべきところで叱れず、褒めるべきところでも褒めが弱く、それが息子の中の
価値基準を曖昧にしていたと思います。


あとは、息子の根っこの部分で、中学受験の失敗をずっと引きずっています。

「中学受験は辛かったけれど、あの時が1番一生懸命になれた。本当は上を目指したかった。
一度リタイヤしてしまったので、もう挑戦する気はない。もう勉強にはかける気持ちがなくなった。
それから何にたいしてもやる気がおきない。他のこともどうでもよくなってきた。」

いつまでも、そこから気持ちを切り替えることができません。
自己肯定感が持てないままです。

なかなか難しいですね・・・


幸いなことに主人が息子と話をし、いろんな気持ちを引き出せています。

息子の「やる気」を引き出す部分で主人がフォローし、息子に少しスイッチが入りました。

継続的にうまく波にのれるかどうか・・・経過をみていくところです。


月曜の登校にむけて、上野先生、担任の先生も動いてくださいました。

上野先生には金曜日に電話をしていただき、
担任の先生には日曜日に訪問していただいています。

もう一度スタートラインに立たせていただきました。

実は、息子は急に前向きになり、やけに張り切っているのです。
まったく不安げなく登校しています。

でも、かえってそれが怖い私です(汗)

なんでこう両極端なんでしょうね。
程よく・・・がいいんですけどね。

先週のことですが、「5月はずっと行く。6月も頑張る」と息子が宣言し、
翌日元気に登校し、上野先生に「もう大丈夫だと思います」って報告し、
エンカレッジの親睦会の話にもなり歓談していたら、翌日休んでくれましたから(汗)

なので安心できず・・・


このままスピートを維持できるのか、ペースダウンしてしまうのか・・・

ドキドキしながら見守っていきたいと思います。






ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

不穏な日々

皆さま、ご無沙汰しております。

私のブログにしては、間が空いてしまいました。


息子の継続登校において最大(これ以上はないと願いを込めて)の山場を迎えています。

少し前に不穏な記事も書いていますので、ご心配していただいているかなとも思い
まだなんともいえない状況ではありますが、ちょっとだけ書かせてもらいます。


5月に入り、登校できない日が増えています。

「学校にはなにも嫌なことがない。部活はつづけたい」

でも・・

「どうして学校に行かなければならないの?理由がみつけられない・・・」


理由が見つからないからといって休んでいいわけではありません。


家にいると楽だって言います。

お休みしたらゲーム・パソコン禁止。
守っています。

でも、困らないって言います。
本が読める。絵が描ける。ピアノが弾ける・・・って言います。


最近の息子の状態はよかったです。
いろんなこと話もしてくれるし親子関係もいい方に向かっていました。

そう思っていました。


ただ「厳しさ」が忘れられていました。

親の役割で欠けていた部分がありました。

「親子関係」ではなく、ただの「友達関係」だったのかもしれません。


家がただの安住の地になっていたようでした。
居心地の良い場所なのだから、そこにいる方が楽なのだと思います。


「甘い」心に問題があります。

「甘く」させてしまった家庭環境の見直しが必要です。


私なりに頑張っています。

いいご報告ができるまで待っていてくださいね。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

ティカ

Author:ティカ
小学5年生の時、不登校だった息子を学校に戻していただきました。復学しただけで不登校が解決するわけではありません。継続登校中の息子を支えるために親としての勉強を続けています。

ランキングに参加しています

 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

カテゴリ

検索フォーム

コメント

openclose

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

私の本棚~子育ての本

地球の名言


presented by 地球の名言

『スーモ』オリジナルブログパーツ

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トータルアクセス数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。